MENU

睡眠薬の副作用について

睡眠薬にはいくつかの副作用があります。特に注意した方が良いのは、依存性です。それを使い続けていると、やめられなくなってしまいます。この種の薬は脳に直接働きかけるものです。薬を飲むことによって脳が影響を受けて、眠気が起こります。眠れる人の場合は、脳の働きによって自然と眠くなるのですが、不眠症の方の場合は薬の作用がないと、眠れなくなってしまいます。この依存性は深刻なもので、自分が使っている睡眠薬をやめるのに苦労する人が多いです。依存性は長期にわたって薬を使った場合に出てきます。短期間では出ることはありません。以前の薬の場合は依存性が出やすいものが多かったのですが、現在はその点を改良したものが、医療の場で使われています。
他の副作用としては、効き目が薄くなってくるものがあります。長期間使っていると、確実に効き目が薄くなります。そのような状態になると眠れないので、量を増やすことになります。量を増やすと依存性がさらに高まると言う悪循環が続きます。
それほど深刻でない副作用もあります。眠い状態が朝以降も続くものです。夜間に眠れるのですが、朝になっても眠気が残ってしまいます。そのために頭がぼおっとした状態が続いて、仕事でミスをしたりします。この副作用は睡眠薬をやめると、おさまります。
他の例としては、記憶力が一時的に衰えることがあります。簡単なことでも覚えられなくなって、日常生活に支障をきたすことがあります。このような症状は睡眠薬が脳に直接作用することによって起こります。
体重が増加する副作用もあります。睡眠薬には直接体重を増やす働きはありません。しかし、食欲を増進させる働きがあるので、それによって食事の量が増えてしまう人が多いです。
これまで書いたように睡眠薬には副作用があります。できるだけ使わないようにするのが最善の方法です。もし使う場合は、短期間に限定しましょう。そして使う量を徐々に減らしていきましょう。

 

 

睡眠薬の種類とその特徴、効果

睡眠障害を抱える人は睡眠薬を摂取することで眠りやすい状況を作り、睡眠をとっていくことになります。睡眠障害といっても色々存在し、例えばなかなか寝付けない入眠障害や睡眠の途中で目覚めてしまう中途覚醒、想定よりもかなり早く起きてしまう早期覚醒などがあり、これらの症状に合わせた睡眠薬を服用する必要があるため、種類も豊富に存在し、その特徴も効果もバラバラです。

 

病院で処方されるような睡眠薬のほとんどはベンゾジアゼビン系です。安全性が高く、効果も安定していることからほとんどの睡眠薬はこのタイプとなっています。ただ、ベンゾジアゼビン系の副作用には筋弛緩作用があり、その副作用を抑えた非ベンゾシアゼピン系も主流になりつつあります。睡眠に大きく関係するメラトニンを利用したものやオレキシンと呼ばれる物質を阻害して眠気を促すものなども登場しています。

 

入眠障害の人が飲むのは、効果を感じるのが服用してから1時間に満たず、持続する時間も短いもの、いわゆる超短時間型のものです。わずか30分で効果を発揮するため、入眠障害の人向けのものとなっていますが、中途覚醒、早期覚醒には向いていません。中途覚醒の人向けの薬としては短時間型のものが挙げられます。効果が持続する時間がある程度長く、平均の睡眠時間ぐらいの長さとなるため、起きやすい時間から逆算して服用することで中途覚醒を防ぐ狙いがあります。早期覚醒の場合には中時間型、長時間型の薬を服用することになります。中時間型は効果が出るのが短時間型とあまり変わらないものの、持続時間が丸1日、24時間となっており、翌朝まで持続するようになっています。長時間型はもっと長く、実感するまでに数時間、薬の効き目は1日以上続きます。ただし、かなり長い間、薬の影響を受けるために仕事や車の運転に支障が出る恐れがあるため、注意が必要です。こうした睡眠薬は不安障害で苦しむ患者にも服用されており、多くの場合は短時間型のものとなっています。

 

睡眠薬を使用し続けると、薬に頼った生活になってしまい、なかなかそこからの脱却ができなくなります。薬の実感が得られない場合には、その薬と実際に苦しんでいる症状がマッチしていない可能性が考えられます。入眠障害で苦しんでいるのに中途覚醒タイプの薬を渡されるという場合には、処方の量は適切なのに、効き目を感じられないからと医師に黙って飲む量を増やす人が出てきてしまいます。そうなると、中毒状態となってしまい、意識の混濁などにつながり、危険な状態となります。マッチしていない場合にはすぐに医師に相談し、薬を変えてもらう、改めて症状を訴えてみる必要があります。そして、服用しているときに不眠の原因となったものを取り除くことが大事で、同時並行で睡眠障害を解消する手を打っていくということが大事になります。そのためにも、まずは決められた量を飲み続けるということが大変重要です。

 

 

睡眠薬を通販で購入するメリットデメリット

睡眠薬を個人輸入代行などのインターネット通販を利用して購入する際にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
まずメリットとして挙げられるのが、インターネット通販を利用すれば睡眠薬を処方してもらうためだけにわざわざ病院へ通院する必要がないので、時間的な面での制約がないという点です。
また仕事や所用で病院に通院することができなかった際の予備用の薬として持っておくことができる点や、インターネット通販で購入することによって病院で処方してもらう場合よりも安い値段で購入することができるという点もメリットとして挙げられます。
特に時間的の制約がないことや万が一に備えた予備用として持っておけるのはインターネット通販での購入だからこそ得られる利点だと言えます。
またインターネット通販を利用することで、ジェネリック医薬品を購入できるという点も魅力の一つとして挙げられます。
ジェネリック医薬品は正規の医薬品に比べて価格が安いことが特徴であるため、長期間に渡って薬を服用し続けるような場合には、経済的な面での負担を大幅に軽減する効果を期待することができます。

 

一方でインターネット通販で睡眠薬を購入する際のデメリットとして挙げられるのが、正規品だと思って取り寄せた薬が偽造品であったり粗悪品であったりするリスクや海外の医薬品であるために思っていたような効果が期待できないことが挙げられます。
また何かトラブルが発生した際には全てが自己責任になってしまうという点もデメリットとなります。
偽造品や粗悪品に関しては素人ではなかなか見分けることが難しいため、睡眠薬をインターネットで購入する際には特に注意が必要な項目になります。
薬に関する十分な知識がない状態で購入を決断するのは危険な行為であると言わざるを得ませんから、薬に関して前もって医師に相談や確認を行い、そこで得られた回答に基づいてインターネット通販を利用するのが最善の方法です。

 

 

不眠症で悩んでいるなら、副作用のある睡眠薬よりサプリがおすすめ

眠れないのは辛いものです。不眠症にお悩みだったら、睡眠薬を使うよりはサプリの方がおすすめです。睡眠薬には副作用がいくつかあり、特に深刻なものは依存性です。一度それを使い始めたら、やめられなくなってしまうことがあります。他には、一時的に物忘れが起こったり、頭が朦朧としたりします。
サプリに使われているのは、天然の物質なので副作用が起こることはほとんどありません。極端に取り過ぎた場合に、下痢などの胃腸の症状が出ることもありますが、それは使う人が気をつければ、避けることができます。
この種のサプリにはいくつかの種類がありますが、使いやすいのは天然の成分だけが含まれているものです。例えば、アミノ酸やハーブなどが使われているサプリがあります。一つのハーブだけではなく、複数のハーブが含まれており、それらが複合的に働きます。不眠症用のサプリに使われているハーブの一つに、クワンソウがあります。これは沖縄で取れるハーブの一種で、その地域では夜眠れない時に、それを煎じて飲んでいました。
セロトニンを多くするものもあります。これは人間のホルモンの一つで、睡眠と深い関係があります。このホルモンが不足すると、夜に眠れなくなります。セロトニンは運動をすることでも増やすことができるのですが、仕事などで忙しかったらそれは難しいでしょう。そんな場合はサプリを使ってみるのが良い方法です。この種のサプリの中にはセロトニンを増やす働きを持ったものがあります。トリプトファンを取れば、セロトニンは増加します。セロトニンはビタミンBとトリプトファンが結びついてできる物質です。トリプトファンはバナナなどに多く含まれているのですが、食品だけでそれを取るのは難しいです。一度には食べきることができないような量を取らなければなりません。サプリだったら、凝縮されているので多く取る必要はありません。トリプトファンが含まれたものを自分の生活に取り入れて、不眠症を解消しましょう。

 

 

睡眠薬の副作用での死亡例、事故などまとめ

睡眠薬の使用について、睡眠薬を使うときは、自分にあった薬を使用することがとても重要です。重大な副作用や事故を招く恐れがあるからです入眠障害なら、超短時間、短時間型、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害なら、中間がた、長時間型、睡眠薬が基本となります。薬の副作用の中には、日中の眠気があり、車の運転などに悪影響を与える可能性があります。即効性のある睡眠薬の一つである、ゾルピデムを服用した場合の自動車事故の起こりやすさについて、80才以上の高齢者では、ゾルピデムを服用しない人と比較して、ゾルピデムを服用している人では自動車事故が2倍多かったという報告がありました。薬の種類によって、効果が現れるまでの時間、効果が違います。薬を服用するときには、車の運転を控えるようにしましょう。睡眠薬の副作用による転倒、ふらつきがあります。どういうときに起こりやすいかというと、例えば、よなかにトイレにいくとき、加齢により、夜中にトイレにいく回数はふえていきます。その時に転倒が起こりやすくなります。睡眠薬の作用時間にもよりますが、夜中に目を覚ましたときにはまだ、睡眠薬の効果が残っている場合があります。打ち所が悪ければ死亡する可能性もあります。実際死亡例もあります。といれのいくときの転倒をふせぐには、電気をつける、床に物を置かない、手すりを設置するなどの方法があります。お風呂に入ってるとき、ふらついて転ぶ場合があります。これを防止するには、目を覚ましてから布団をでるまで、少し時間をおいたり、起きるときは何かにつかまって、慎重に行動しましょう。高齢のかたの場合、睡眠薬の作用時間mが長くなる傾向があります。あまり長い薬は、処方されにくいようです。しかし場合によっては処方されることもあります。薬をのむと記憶がなくなるということを聞いたことがあるかもしれません。ある種の記憶障害が生じるリスクがあります。とはいえ、記憶障害といってもその種類は様々あります。